トイレのつまりは業者に依頼!費用はどれくらい?

トイレがつまったときの対処法に業者への解決依頼について
未分類

信頼できる業者を選ぼう

トイレのつまり解消の際には、業者選びについても重要です。というのも、説明も不十分なまま作業をしてもらったら、料金が予想したよりも高くついてしまったというケースも少なからず発生しているからです。不満なものにしないためにも、信頼できる業者へと依頼することが重要です。それでは、どのような業者ならば信用できるのでしょうか。

業者まずは、知り合いが勤めている業者についてです。見知らぬ人を自宅に上げるのはどうしても抵抗感がありますが、知人が上がって作業をしてくれるのならば安心です。また料金の説明も充分にされることが予想できますし、知人ということで料金の交渉についてもできるかもしれません。次に、情報を仕入れやすい地元の業者についてです。地元の業者ならば、近所の人から業者に対する情報を仕入れることが容易で、これまでの施工実績に対する評価も確かなものが得られます。最後に、アフターフォローが充実している業者です。作業をした後、なんらかの問題が発生した場合にはアフターフォローとして再度作業をしてくれるといった業者ならば、信頼しても良いでしょう。満足のいくサービスを受けるためにも、業者選びの段階から料金や業者への信頼性を考慮しておくと良いかもしれません。

【参考HP】水道救急センター│トイレつまり相談


未分類

料金が高くなってしまうケースは?

トイレットペーパーがつまってしまったというケースは、簡単な作業でもつまりを解消することが可能なため、料金は1万円前後と安く済みます。それでは逆に料金が高くなってしまうケースはどのようなケースなのかというと、吐瀉物などの異物が原因でつまりが発生しているケースが挙げられます。異物が原因のつまりを解消するためには、ローポンプを使用したり薬剤を流して異物を溶かして流れを良くしたりといった方法が採られることになり、こちらは2万円前後と費用が高くついてしまいます。

便器最も高くなるケースは、スマートフォンや子供おもちゃといったように、薬剤で溶かすこともできなければ、ポンプで流しきることもできないような異物が原因となっているケースです。こちらは便器を取り外した上で異物を取り除く必要があり、施工費用が非常に高くなってしまいます。薬剤使用、ローポンプの使用、そして便器脱着のための作業費用を合計すると5万円から6万円程度になってしまいます。このように、考えられるつまりの原因によって、どの程度の費用がかかるのかを予測することも可能です。業者に頼んで査定してもらう際には、どのような原因が考えられるのかを説明すると、より正確な査定へとつながります。


未分類

料金の目安はだいたい2万円前後

業者のホームページなどを調べてみると、費用がだいたいどの程度かかるのかについて触れられていますが、どの業者も「8000円から」といったように、具体的にいくらかかるのかについては触れられていません。これには、トイレのつまり具合を確かめてからでないと正確な料金が計れないという理由があります。つまり解消のための費用は、使用された機材や薬剤によっても変化しますので、実際に施工してみないことには料金が分からず、ホームページなどでは曖昧な表記になってしまうというわけです。

見積りあくまで目安ではありますが、業者に依頼した時の料金はおよそ2万円前後が相場といったところでしょう。簡単なつまりの解消で済む場合には、最低限の料金しか発生しませんので1万円以内で納まることもありますが、専門機材を使用することが前提となると、2万円台にまで料金が上がってしまうこともざらに起こります。安いわけではありませんが、安全確実につまりを解消してくれるので、決して高いというわけでもありません。業者に依頼した場合の料金が気になる場合には、近年では見積もりを無料としている業者も多いですので、まずは見積もりから始めてみると良いでしょう。


未分類

トイレのつまりを個人で直すには限界がある

ラバーカップ急にトイレのつまりが発生してしまった場合、まずは自分でなんとか直そうと試みると思います。しかし、実際につまりを解消させようとがんばってみると、意外と思うようにうまく直せないものです。具体的に個人でのつまり解消法として考えられるのは、重層やお酢を混ぜたお湯を用意して、それをトイレへと流し込んで少し放置しておくという方法や、ラバーカップを用いてつまりの原因となっている物を取り出すといった方法が考えられます。

これらの解消法は、つまりに対して確かに有効ではありますが、この方法で直るのはせいぜい排水管の手間部分でつまりが発生しているというケースに限られてしまい、奥でつまってしまっているという場合には直すことができません。業者の力を頼らずに直そうとすると、かえってつまりの状態を悪化させてしまったり、トイレを汚してしまったりすることにもつながりかねません。綺麗に素早く確実に直したいのであれば、多少の費用は覚悟の上で、業者に依頼した方が良いと言えます。

業者さんにつまりの解消を依頼した場合、ローポンプを使ったり、場合によっては便器を取り外してつまりの原因となる物を直接取り出したりといった方法が採用され、確実につまりを解消してくれることになります。しかし一方で費用がかかってしまうことがネックで、お金の面を気にする人も多いことでしょう。それではトイレのつまりを業者に依頼した場合には、どの程度の費用が発生するのかについて見ていきましょう。